織物について




織物組織

織物は経糸と緯糸を定の規則で交差させてシート状にしたもので、この糸を交差させることを組織するという。
糸の交差の仕方を織物組織という。
また、経糸が緯糸の上にあるマス目に印をつける。この最小単位組織を完全組織という。

三原組織

  • 平織(plain weave)
  • 斜文織(twill weave)
  • 朱子織(satin weave)

1.平織

  • 最も簡単な組織
  • たて、よこ各2本で完全組織となる

□■□■□■□■
■□■□■□■□
□■□■□■□■
■□■□■□■□

綿織物:金巾、キャラコ、天竺、ポプリン、ブロード、ローン、ギンガム
絹織物:羽二重、縮緬、タフタ
毛織物:トロピカル、ポーラ

2.斜文織(綾織)

  • たて、よこ各3本以上
  • 平織りに比べ摩擦に弱いが組織が柔軟であるため、しわになり難く、光沢に富む

□□■■□□
□■■□□■
■■□□■■
■□□■■□
□□■■□□

綿織物:ドリル、デニム(ジーンズ)
毛織物:サージ、ギャバジン

3.朱子織

  • たて、よこ5本以上の組織
  • 光沢を生かした絹織物や化学繊維フィラメント織物
  • りんず、どんす、たて朱子とよこ朱子の組み合わせで文様を表した織物

毛織物:ドスキン
綿織物:綿朱子