⑤ポリプロピレン ⑥ポリウレタン

⑤ポリプロピレン(polypropylene fiber)

  • ポリプロピレンは非常に規則正しく並んだ結晶性の高分子で、側鎖のすべてのメチル基(CH3)が
    パラフィン主鎖の同じ側に位置している。(アイソタクチック重合 isotactic polymer)
  •  ポリプロピレンは、密度が0.91g/cm³と合成繊維の中では、最も軽く、水に浮く繊維。
  • 吸湿性がなく、耐熱性が低い。
  • 非常に強い繊維、伸度は普通。
  • 弾力性が良く、しわになり難い。
  • 耐摩擦性に優れ、ポリエステルに類似するが、ナイロンほどではない。
  • 酸、アルカリに対して非常に強い。
  • カビ、虫に侵されない。
  • 熱可塑性。
  • 安価。
  • 燃えにくい。

デメリット

  • 日光によりやや影響を受ける。
  • 電気絶離縁性が大きい。摩擦作用によって静電気を帯びやすい。
  • 通常の方法では染まらないため、加熱により融合した液に対する原液着色の方法が用いられる。

 

ポリエチレン(polyethylene fiber)

  • 衣料用途は少ないが、融点が低いため、接着繊維に利用されうる。

 

⑥ポリウレタン(polyurethane) スパンデックス(Spandex Fiber)

  • 溶融紡糸。
  • 非常に伸びる。
  • 細いデニール糸が得られる。
  • しわがより難い。
  • 軽い。耐候性は優れているが、日光にはやや弱く、黄変する。
  • カビ、虫に侵されない。
  • 価格は安くない。
  • 燃えにくく、耐熱性が良い。
  • 剛直で繊維の強さを支えるハードセグメント、ゴムのように柔らかく、
    繊維の伸縮性に関係するソフトセグメントから構成されている。
    このソフトセグメントの成分によって、エーテル糸、またはエステル糸と呼ばれる。
    ゴムのように伸縮し、ゴムより強く劣化しにくい。
    米国名:スパンデックス