English

繊維サーチ: TEXTBOOK of FABRICS.

SENI-SEARCH.JP

3ニット:経編(warp knitting)

 

b 緯編経編


ニットには緯編(よこあみ)経編(たてあみ)があり、この類別によって編成方法も異なる。
手編みの原理を利用して機械化した緯編と織物織布の理論を適応した経編とは同一の編機で編むことはできない。 並列した編み針に糸を90度の方向から供給し、ループを作らせ、縦に連綴させる緯編に対し、経編では、並列した編み針に対した編針に対し、糸を同方向から供与し、ループ編成をさせたのち、隣接するループに次々とつづらせていく。ここでは編針の使用組み合わせ方法、ゲージにも著しい相違がみられる。 緯編:平編、ゴム編、パール編の3元組織
経編:開き目と閉じ目(シングル・デンビー編)を原組織として、その他さまざまな種類がある。主要編機は、トリコット編機、ミラニーズ編機、ラッシェル編機である。

line経編の種類と組織説明(warp knitted fabric)
y シングル・デンビー編(Single Denbigh Stitch)
シングル・デンビー編 デンビー編、一重トリコットともいう。
1列の経糸を相隣接する針の上に交互にラッピングさせて得られる経編の原型組織。2本の経糸のからませ方に、開き目と閉じ目があり、前者は図に示すようにループの一部が開いた形をしており、後者は閉じた形をしている。この組織は、一枚筬による一重編地で、経編中もっとも簡単なもので、1×1トリコットともいわれる。開き目、閉じ目いずれもループ編成の方法は変わらない。
編地の特徴:実用性が少なく、疵口から解舒しやすい欠点を持つ。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地、ハーフ生地
用途:首巻、ショール
y シングル・バンダイク編(Single Vandyke Stitch)
シングル・バンダイク シングル・アトラス編、1重アトラス編、バンダイク編みともいう。
1列の経糸を相隣接する編目の方向に数段送り、次に同じ回数逆行し、千鳥状に作られる経編組織。つまり、筬を同一方向へ2回以上連続移行し、おって反対方向へ同コース往復移行して編地を得た組織。1列の針に対し1列の経糸をラッピングさせたものであるため、トリコット編の1種と考えられる。経編3原組織の1つとして、アトラス編、ダブル・バンダイク編みなどに応用される。なおこの組織は、往復コース数によって8コース・アトラス、24コース・アトラスなどと称し、また2針間ずっと移行されるものは、これを1×2アトラスといっている。
編地の特徴:色糸を配色するとのこぎり歯状の模様が表れ外観もととのうが、疵口からほどけやすい欠点がある。実用性が少ない。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:綿糸を用いた手袋生地、肌着用生地
y シングル・コード編(Single Cord Stitch)
シングル・コード編 一重コード編、プレーン・コード編ともいう。
1列の経糸を2つ以上の編針をこえてラッピングさせて得られる経編組織。つまりこの組織はシングル・デンビー編みを応用したもので、1列の経糸の左右交互ラッピングを2針間以上にわたって行って編成する。開き目と閉じ目があるが、編成方法は変わらない。一般には閉じ目が多い。トリコット、ラッシエル編の1種と考えられる1枚筬による1重編である。
編地の特徴:うね状の外観を示すことであるが、昨今実用性は少ない。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機、シングル・ラッシェル編機
編生地:トリコット生地
用途:紡毛糸を用いた衣料服地、手袋など
y ベルリン編(English Leather Stitch)
イングリッシュ・レザー、イギリス・レザーともいう。
1列針、1枚筬により得られる厚地な組織。シングル・デンビー編みなど原組織の編地を重厚にするために行われる。まず完全なループの1コースを作り、これにタック編をした1コースを加えて都合2コースで編地1コースを編成する組織である。この組織には、直線式と斜線式の2種類がある。前者が完全なループをその両側から左右にタックし、ループが崩れないのに対し、後者はループを1方の側からだけタックしたものであるため、1方に片寄ったループとなる。
編地は、緻密で伸縮性が少なく、非常に丈夫である。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:大衆用下着生地、実用服地
y 二目編(Two Needle Stitch)
二目編 ダブル・スティッチ、二重編みともいう。
1本の経糸が同一コースで2個の編目を作る組織。1列針編機による1枚筬のシングル編地で、同一の編糸が2目ずつのループを作る。編地には、重厚な感じと落ち着きがあり、実用的で丈夫である。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:各種肌着用生地
y シェル編(Shell Stitch)

糸抜きをした1枚筬で、シングル・バンダイク編みをしながら、タックして表面に凸凹を表した組織。1枚筬によるシングル編地。編地は、タック編を応用するため重厚地厚なものとなり、丈夫で実用性に富む。
編機:1枚筬のシングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:各種肌着用生地

y ダブル・デンビー編(Double Dembigh Stitch)
ダブル・デンビー編 二重デンビー編、トリコット編、プレーン・トリコット編ともいう。
シングル・デンビーを重ねた基本2重編で、俗にトリコット編として知られている。これは2枚筬の1列針編機によって編成される2重編地で、2重経編組織の3原組織に数えられる。1本の編針に経糸が2本ずつ掛かり、これが対照的に動いて反対向きのループを二つずつ作る。つまり1×1ラッピングを二重にしたものである。編地はウェールとウェールを繋ぐシンカ・ループが織物のように交錯しているため、緻密で堅牢丈夫な生地となり、鮮明な縦縞があらわれる。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:手袋、靴下
y アトラス編(Atlas Stitch)
アトラス編 ダブル・アトラス、ダブル・バンダイク編、ダイヤモンド編ともいう。
2組の経糸が反対側に数コース往復移動し、シングル・バンダイク編を二重に重ねた組織。トリコット編の1種で、2枚筬の1列針編機によって編成される2重編地。ダブル・デンビー編、コード編と共に、2重経編組織の3原組織に数えられる。編成原理は、シングル・バンダイク編と同様であるが、この組織は反対方向にジグザグのトラバース・ラッピングをし、対称的に斜2重編することによって初めて得られる。なお新ミラニーズ編は、この組織変化応用組織である。編地は、シングル・バンダイク編生地と同様縞地であり、美しい外観を示す。また緻密で堅牢丈夫であり、堅実性にも合致する。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:靴下、実用外衣、肌着など
y コード編(Double Cord Stitch)
ダブル・コード編、ダブル・バー・コード編ともいう。
2組の経糸が、反対方向に移動し、シングル・コード編の重なった2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成される2重編地で、ダブル・デンビー編、アトラス編とともに2重経編組織の3原組織に数えられる。編成原理は、シングル・コード編と同様であるが、筬を2枚用い、その左右移動を対称的に行わせ、双方のシンカ・ループを裏側で交叉させて初めて得られる組織である。
編地は、裏側でシンカ・ループが交叉し、裏糸の重なりが多いため、厚地であり、柔らかく保温性に優れ、フラット・ミラニーズ編に似ている。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:裏起毛をして冬の防寒用肌着
y ハーフ・トリコット編(Half Tricot Stitch)
ハーフ・トリコット編 ハーフ編、シャルムーズ、変形トリコット編、ロック・ニットともいう。2組の経糸のうち、前筬の経糸に2本のシングル・コード編をさせ、後ろ筬の経糸にシングル・デンビー編みをさせた経編2重組織で、シャルムーズともいう。2枚筬の1列針編機によって編成されるトリコット編の1種。シングル・デンビー編みとシングル・コード編を上下半々、つまり表面を1×1のデンビー編、裏面を1×2のコード編したものである。
編地は、裏目がコード編で飛び糸となっているためスムースタッチで肌触りが良く、目ほつれすることもなく、厚地で丈夫で緻密である。伸縮性も比較的少なく安定しており、裁断によく耐える。またプリント加工、プリーツ加工、ティッシュ加工などに適している。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地、ハーフ生地、ロック・ニット、シャルムーズ
用途:経編生地中最も多く、広範囲に利用される。ランジェリー用生地、ワイシャツ生地、肌着類、ブラウスなど装飾品。
y サテン編(Satin Stitch)
サテン・トリコット編、変形トリコットともいう。
2組の経糸のうち、前筬の経糸に3本以上のシングル・コード編をさせ、後筬の経糸に反対方向にシングル・デンビー編みをさせた経糸2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成されるトリコット編機の1種。これはハーフ・トリコット編の応用組織で、編成原理もそれと変わらず、表面は1×1のデンビー編であるが、ただ裏面のシングル・コード編が、1×3、ないしは1×4、1×5・・・・とラッピングされるため、飛び糸の長さがハーフ・トリコット編以上に長くなる。普通針2本を超えたものを1×3サテン、3本を1×4サテン、4本を1×5サテンと呼称する。編地は、シンカ・ループが裏へ長く浮いているため厚地となり、織物のサテンのような外観を示し、光沢がある。裏糸の浮かせ方で、種々の風合いが出せ、一般にソフトタッチで保温性に富み実用的である。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地、起毛ジャージー、サテン、サテン・バック
用途:裏糸を起毛して裏起毛ジャージーとして用いられ、交編トリコットとして各種化繊生地にも供される。
各種肌着用、外衣用及びランジェリー用生地、マフラー。
y シャークスキン編(Sharkskin Stitch)
sharkskin 変化トリコットともいう。
2組の経糸のうち、前筬の経糸にシングル・デンビー編みをさせ、後筬の経糸にシングル・コード編をさせた経編2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成されるトリコット編の1種。サテン編の変形組織で、前後筬のラッピングが全く逆となる。ただこの場合、後筬のシングル・コード編は、1×4のラッピングとなる。編地は、表面に長い浮き糸が出来るが、デンビー編地にだかれて、厚地の安定性がある生地となっている。伸縮性が少ないので、裁断加工に適し、保温性に富み実用的。
編機:シングル・トリコット編機が使用され、トリコット生地を編成する。
用途:編物分野にも及ぶ広範囲な用途をもつ。各種肌着類、ジャージー、ワイシャツ。
y クイーンズ・コード編(Queen's Cord Stitch)
クイーンズ・コード編 アメリカン・シャークスキンともいう。
2組の経糸のうち、前筬の経糸に鎖編をさせ、後筬の経糸にシングル・コード編をさせた経編2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成されるトリコット編の1種。裏面には連続同一針によって編成され、表面には1×2ないし、1×2以上のラッピングが施される。編地は、厚地で弾力性がなく、極めて安定度が高い。伸縮性が少ないため、裁断加工に適し、機械捺染に好適である。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地、アメリカン・シャークスキン
用途:織物分野にも及ぶ広範囲な用途をもつ。各種肌着類、ジャージー、家庭装飾品、テトロンとナイロン混紡の後染柄ワイシャツ生地には定評。
y ミラニーズ編(Milanese Stitch)
ミラニーズ編 1×1アトラス、1×2アトラス、サテン・ミラニーズともいう。
2組の経糸が、反対側に数コース、トラバース編された経編2重組織。2枚筬の1列針編ミラニーズ機によって編成される。イタリアのミラノで発生したアトラス編の応用組織であるが、アトラス編のようにジグザグのトラバース・ラッピングはせず、1組の糸が左方向に下方に進み、他の糸が右方向に、共に連続的に進み、斜めの2組のループが裏面で交叉して菱形の柄を作り、表面に美しい畝が入る。色糸を配して種々の柄、模様をうることが出来る。なおこの組織は、編機の種類によって3種類に分けあれる。1は円型ミラニーズ機の1衝程式によるもので、シンカ・ループが90度に交叉し、ダブル・デンビー編と似た外観になる。2は、2衝程式によるもので、シンカ・ループは交叉しない。1,2はともに、1×1アトラスと称される。3は、平型ミラニーズ機によるもので、サテン・ミラニーズともいわれ、ループは1×2のコード・ラッピングをし、ダブル・コード編と酷似する。編地は、バイアス方向に伸縮性が大きく、衣料の理想とされる。堅牢、厚地で、安定性も高く、ニットの王様と称される。また各種の柄、縞、模様に恵まれ、美しい外観を持つことが出来る実用記事である。
編機:フラット・ミラニーズ編機、サーキュラ・ミラニーズ編機
編生地:ミラニーズ生地
用途:各種肌着、手袋、セータ、カーディガン、各種ジャージー、装飾品
y アイドル・スイング編(Idle Swing Stitch)
遊びのスイングともいう。
通常の2組の経糸を前後筬によってそれぞれ編針にラッピングさせた所定の編物をするが、この場合適当なところで、ラッピングさせず、同じコースを往復させ遊ばせてえた経編2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成される変り編の1種で、ある部分に柄糸を入れない時とか、他の筬糸にからませるときなどに用いられる。編地は、経編2重編地に応用される編成方法であるため、それら編生地の特徴を持つことになるが、種々のがらやもようが編成されるため、非常に美しい外観を呈する。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地
用途:各種肌着類、ジャージー用、装飾品用
y エラスティック編(Elastic Stitch)
ストレッチ・ニットともいう。
2組の経糸を前後筬によってきわめて弾力性に強く編成した経編2重組織。2枚筬の1列針編機によって編成されるトリコット編の1種。編成にあっては、ゴム糸や合成繊維のテクスチャード加工糸、伸縮性毛糸、スパンデックス糸などが用いられる。編地は、ゴム糸やその他伸縮性の大きい糸を用いる為、弾力性があり、しかも厚地で丈夫。
編機:シングル・トリコット編機
編生地:トリコット生地、エラスティック・ファブリック
用途:水着、スキー・ズボン、ファンデーションなど、その他産業用
y パイル編(Pile Stitch)
プラシ編、立毛編、ビロード編ともいう。
編地の面にリング状にパイルを出した組織。2枚筬の1列針編機によって編成される2重編地で、緯編のパイル編同様、生地の表ないしは裏にパイル・ループを作る。ハーフ編の前後筬のラッピングを逆にし、前筬でデンビー編をし、後筬で1×2コード編をさせ、飛び糸を出させて得られる組織である。なおこの組織は、3枚筬の1列および2列針編機によっても編成される組織である。なおこの組織は3枚筬の1列および2列針編機によっても編成されるが、これは便宜上両面パイル編と仮称して別項をもうける。編地は、厚地で保温性に富み、柔軟でビロードのような外観を持つ。弾力性、伸縮性が少なく安定しており、裁断加工に耐えられる。
編機:シングル・トリコット編
編生地:トリコット生地、パイル生地、シール、立毛メリヤス生地
用途:テクスチャード・ヤーンを用いた鹿柄タッチの高級生地は著名。防寒用肌着、イミテーション毛皮、外衣、帽子など。
y タック編(Tuck Stitch)
引き上げ編ともいう。
あるコースで編目を脱出させず、次のコースで複数ループを脱出させた組織。3枚以上の筬の1列針編機によって編成される重ね変り組織で、前後2枚の筬で2重基礎編をし、残りの筬で変り編を添える。普通の中筬でタックさせ、新ループを作ることが多い。また、この組織は緯編でも使用される。
編地:タック・プレッサーを利用して隆起柄ができ、厚地で丈夫。
編機:シングル・トリコット編機
編成生地:トリコット生地、鹿の子生地
y 紋編(Figured Stitch)
模様編ともいう。
3枚以上の筬の1列針編機によって編成される重ね変り組織。
前後2枚の筬で2重基礎編をし、残りの筬で変り編を添える。
編地:厚地で実用性を持つ。模様が豊富。
編機:シングル・トリコット編機を使用。
編生地:トリコット生地
用途:実用外衣、各種肌着類
y パイナップル編(Pineapple Stitch)
変り柄編みともいう。
コースで編目を脱出させず、次のコースで複数のループを脱出させた組織の1種で、タック柄編の応用組織とみられる。3枚以上の筬の1列針編機で編成される重ね変り編。
編地:パイナップル果実のような柄。実用性に富む。
編機:シングル・ラッシェル編機
用途:実用外衣、肌着用衣料
y 裏毛編(Fleecy Knitting)
フリース編、プラシ編、裏毛経編ともいう。
裏糸、中糸、地糸の3組の糸を3枚の筬で編成し、裏面にパイルを浮かせた重ね変り組織。
裏毛アトラス、裏毛トリコットなどともいう。
3枚筬の1列針編機で編成し、前後2枚の筬は2重基礎編作りに使われ、残りの筬で変り編を添える。普通、中筬で1×4のコード編をし、その飛び糸を起毛させることが多い。なおこの組織は、緯糸にも使われる。
編地:厚地で保温性に富み、柔らかく実用性に富む。
編機:シングル・トリコット編機とシングル・ラッシェル編機
編成生地:裏毛メリヤス、裏毛経編生地
用途:実用外衣、防寒用肌着
y 裏毛アトラス編(Lined Atlas Stitch)
裏毛アトラス編 3組の経糸のうち1組の経糸を他の2組によって作られるアトラス編目の中間に編み込まず、裏に浮かせた組織。3枚筬の1列編機によって編成される重ね変り編。前後筬でアトラス編をし、これを地組織として、中筬で裏毛糸をシンカ・ループにからみつけて編成する。
編地:厚地で安定性がある。保温性に優れている。
編機:シングル・トリコット編機、シングル・ラッシェル編機
編成生地:裏毛メリヤス、トリコット生地
用途:実用外衣
y 裏毛コード編(Lined Cord Stitch)
 
y レース編(Lace Work, Open Work)
透孔編(Lace Stitch),透かし目編、フィレット編ともいう。
透かし目タイプのメリヤス編の総称。
編成過程で、部分的に糸抜きして得られる組織。
普通シャ編、ネット編、つづれ編などのレース編は、2枚筬の1列編機によって編成され、ウェールと隣接ウェールをシンカ・ループで連結させない部分を作るため、ネット状、レース状の模様が出来る。
編地:レース状、ネット状の模様の為、装飾性に富み、涼しい風合いをしている。
編機:しんぐる・トリコット編機、シングル・ラッシェル編機が使用される。
編成生地:レース、メッシュ生地、フィレット
用途・カーテン、レース、婦人服、装飾品など

■編物の種類:
緯編生地 ストライプ布平編変形組織 チェック柄布地リブ編変形組織 プリント柄布地両面編変形組織 織柄布地パール編変形組織 
経編生地 絣柄布地トリコット 絣柄布地ラッセル

テキスタイル・織物名称説明はこちらテキスタイル・織物名称
生地の柄の種類(ストライプ・チェックなど)の説明はこちらテキスタイル・織物名称 
繊維業界関連用語集(日本語・英語・意味)はこちらテキスタイル・織物名称
日本の織物産地マップはこちらテキスタイル・織物名称

参考書/引用文献(Reference)
灘 五郎(1967).新しいニットの知識, 長江書房